求人サイト向け掲載ガイドライン

Indeed には、採用企業の代表者によって承認され、有料の求人サイトに掲載された現在募集中の求人のみが掲載されます。求人には、会社名、勤務地、職種名、仕事の内容などのその仕事に関する全ての情報が含まれている必要があります。求職者がサイトを訪問した際に、ログインや登録を義務付けられることなく全ての仕事内容が見られるようになっていなければならず、求人への応募の際に料金が発生してはなりません。応募の方法は簡潔で、実際に必要な個人情報のみを記入する形である必要があります。応募はサイト内で完結する必要があり、外部のサイトへ求職者をリダイレクトさせてはいけません。

求職者のプライバシーや個人情報は適切に保護され、求職者の求人検索と応募以外には利用されてはなりません。

無料で求人情報が掲載できるサイトや他のサイトの求人情報を「クロール」もしくは再配信しているサイトの求人情報は掲載できません。

サイトには実際の住所が記載された問い合わせ先ページが必要で、過剰なもしくは詐欺的な広告をしていてはなりません。サイトに広告が掲載されている場合は、メインのコンテンツを邪魔しない控えめなものである必要があり、求職者の求人の閲覧・応募を妨げるものであってはなりません。また、求人サイトには求人案件数に見合った適切なレベルのオーガニックトラフィックが発生していることも必須です。

このガイドラインに含まれる項目は、不適切な求人情報またはサイトの重要な実例を示すためのリストで、網羅的なものではありません。このリストは、求職者が迷うことなく、または不必要な情報提供を求められることなく、また時間をかけず 完全かつ必要な正しい情報を含む実在する求人と応募プロセスにIndeed から直接アクセスできるという体験を提供することを確実にするために掲載されています。Indeed は、虚偽の求人、不完全な求人、または不必要な情報の提供を求める求人から求職者を守るための柔軟性を持つ必要があります。Indeed は、掲載されている求人の数がオーガニックのトラフィックに見合ったものであることを確認する必要があります。もしトラフィックと求人の数が見合わない場合、求職者は、実際の求職者には興味のないような求人しか載っていないリストの中からよい求人情報を探して時間を無駄にすることになってしまうからです。私たちの目標は、求職者が興味のある求人にできるだけ早く直接コンタクトをできるようになることです。もし 求人サイトがこの目標を共有できないことが分かった場合、Indeed はその求人サイトの求人情報または求人サイト自体を、求職者を守るために独自の判断で Indeed から除外しなければなりません。求人を Indeed に投稿・掲載することにより、求人サイトはこのガイドラインを理解し、同意するものとみなされます。さらに、求人サイトがこのガイドラインの基準を満たさない場合、もしくはユーザーからの苦情やスパムが多い場合、Indeed は、当該求人サイトをインデックスから削除する権利を有します。貴社の求人サイトの求人が Indeed に一度掲載されたという事実は、求人がその後もいつでも掲載されることを保証するものではありません。現在Indeedでは、米国サイト内において職業紹介を除く新規求人サイトからのインデックス依頼を受け付けておりませんことを予めご了承くださいませ。

 



この記事は役に立ちましたか?
Powered by Zendesk